驚異の回復力!

1月27日、水曜日のこと。
アメリーの状態がどんどん悪くなってきてたので、
急遽、手術に踏み切りました。

前回の入院時に像影検査ができず
問題の圧迫場所が特定できなかったので、
どうしたのかというと...



これまでのヘルニアの症例から
特に圧迫が起こりやすい場所を予測して、
全部で5箇所、
レーザーで焼いたのです。

ある意味、賭けです。

だけど、どんどん麻痺が進行して悲しそうな表情をするアメリーを
これ以上見ていられませんでした。

アメリーがどうなっても受け入れる覚悟で、
先生に託しました。

手術が終わり、
あとは経過を観察して良くなるかどうか...

月曜日に退院の予定だったのですが

今日、先生から電話があって、


「すっっっごく元気なので、
今日にでも退院できますよ」


マジすかー(°▽°)

というわけで
お迎えに行ってきました!

背中の傷は痛々しいけど、
毛もさらに広範囲で剃られたけど(笑)

本犬、めちゃくちゃ元気です!

後ろ足の麻痺はなくなって、
普通に歩けてます(T▽T)

まだ安静にはしてなきゃいけないけど、
本当に本当によかった~!!!


アメリーが歩けなくなってから、
たくさんのお友だちが励ましてくれたり、
ヘルニアに効果的なマッサージを教えてくれたり、
落ち込む飼い主に大量のうまい棒を差し入れしてくれたり、
どんなに救われたことか...
感謝の言葉しかありません。
わんこを通じて出会ったご縁は、
本当に本当に本当に本当に
素晴らしくかけがえのないものです。

みなさん、心から、ありがとうございます(ToT)

飼い主も、与えられるばかりじゃなく、
このご恩をいつかお返しできたらと思います(^-^)


スポンサーサイト

毛が!毛が~!!

毛が刈られて寒そう😥

14535191070.png

アメリー、退院しておうちに帰ってきたよ😊

入院、そして手術へ

1月18日(月)再診

最初よりずいぶん足に力が入るようになって
顔にも元気がでてきたけど
やっぱり立っていられるのは5秒くらい。
フラフラ〜ってしてパタンと倒れちゃう。

活発でお出掛け大好きなアメリーの性格を考えて、
内科的治療でこの先運動制限をかけるより、
積極的に外科的治療をしてもらうことを選択しました。
手術は怖いけど、
アメリーはまだ9歳。
やるなら早い方がいいと思ってね。

1月19日(火)
朝、病院に預けて出勤。
お昼からの手術でした。

夕方、先生から電話があって、結果は

「手術は断念しました」

とのこと。

1月20日(水)
詳しい話を聞きに、病院へ。

今回、アメリーが受けるはずだった手術はまず、
椎間板が飛び出して神経を圧迫している場所を特定するための脊髄造影検査を実施。
場所がわかったら、圧迫部分をレーザーで焼く。
というものでした。

脊髄造影検査は、
骨と骨の間に造影剤を注入して神経を見えるようにするものです。

IMAG0689.jpg


アメリーは、
この骨と骨の間隔がとっても狭くて、
針を刺せなかったそう。
ごく稀にそういう子がいるみたいです。

場所や角度を変えて刺してみたけど、
これ以上はアメリーの体に負担がかかるからと
途中で中断せざるを得ませんでした。

造影検査ができないとなると、
場所が特定できないので処置できません。

MRI検査でも、圧迫部分の特定ができるのですが、
残念ながら福井にMRIの設備がある動物病院はないんだな。
あぁ、都会が羨ましい。

ひとまず、内科的な方法のレーザー照射と投薬で
しばらく様子をみようということになりました。
これで回復する子もいるみたいだし、
もしもアメリーに合わなかったら、
そのときは県外の病院を紹介してもらうことにしたよ。

麻酔から覚めたアメリーは元気にしているとのこと。

面会して一目会いたかったけど、
お迎えが来たって期待させてしまうのも逆にかわいそうで、
今日はそっと帰りました。

金曜日、退院です。


うちには4匹もわんこがいて、
その中で物理的にも大型犬こつぶの存在感は大きいのだけど、
(ドスドス足音するし、鼻息聞こえるし、いびきも豪快だしwww)
だけど、ちびっこアメリーが1匹いないだけで
部屋の空気が違うというか、
ごはんの準備も、うっかり4匹分しそうになっちゃったり、
やっぱり、誰1人欠けても、飼い主はとっても寂しいです・・・。


ヘルニア発症5日目

ご心配をおかけしています。

アメリー、昨日の夜くらいから
少しずつ表情が出てきたような気がします。

IMAG0686.jpg

絶対安静なので
こんな感じでサークルで過ごしているのだけど、

発症してからは
じっと動かずただひたすら痛みに堪えている感じでした。
おトイレも、自分でベッドから移動することができず、
キュンキュン鳴いて知らせてくるか、
ベッドでお漏らししてしまっていました。

だけど、今日は、
いつの間にか自分でトイレに移動しておしっこをしていたんです。

ただそれだけが、とっても嬉しくて、希望になりました。


明日、また病院へ行ってきます。
症状によっては手術を選択するかもしれないけど、
アメリーが良くなるためなら、飼い主自身が後悔しないようにベストを尽くします。

またランや川やキャンプへ行けるように、アメリーがんばろうね!!!


そして今日は、
仲良しのアメリーに構ってもらえず退屈マックスのこつぶと
奈々ちゃんちへお邪魔してきたよ

DSC_2178.jpg

雪も降らず雨続きのこつぶ地方。
最近つまらなそうなこつぶでしたが
お友だちにたくさん遊んでもらって、大満足

その様子は、また今度、余力があるときに・・・




ヘルニア発症2日目

たくさんの方から、お見舞いや励ましのお言葉をいただき、
ありがとうございます。

あいかわらず元気がないアメリーですが、
食欲はモリモリあります
自力で歩いてトイレまで行けないのだけど、
したくなるとキュンキュン言ってくれるので
トイレまで連れて行ってあげられます。
今日はフラフラした後ろ足で力いっぱい踏ん張れない中、
頑張ってう○ちもしてくれました。

今後の参考にしたく、
同じヘルニアを経験したオーナーさんのブログを巡っていたら
飼い主が不安そうな顔をしていると犬に伝わるから、笑顔で接すること!って書いてあって、
うんうん、と頭では分かるのだけど、
めちゃくちゃ涙もろい飼い主は、
アメリーを見るたびに涙がポロポロ・・・。

ダメですね・・・

▼今日のアメリー
IMAG0684.jpg

いつもはソファー丸ごと使うこつぶだけど、
遠慮して半分になってくれた

いつも一緒にイタズラする相棒の異変に気付いてか、
こつぶもちょっとおとなしめな様子です






ヘルニア記録

記録として残しときます。

アメリー(9歳半)が、椎間板ヘルニアになってしまいました。

朝、なんとなくいつもより元気ない?とは思ったけど、
しっぽブンブンでごはんのおねだりもしてきたし、
普通に歩いたり走ったりできていたし、
特に気にすることもなく仕事に出かけ・・・

昼休み、ウェブカメラで部屋の様子を見たときも
普通にお昼寝してて、
郵便屋さんが来たのかワンワン吠えて、
ほんといつもと変わらない様子だったのだけど

帰ってみると、猫背になり
後足がヨレヨレで・・・

急いで病院に電話して連れて行ったら、
椎間板ヘルニアのグレード2くらいだと。
救急外来で駆け込んだので、
とりあえず今日はレーザー照射とステロイドを注射してもらいました。
金曜日、再度レーザー照射です。

だけど、明日の朝、今日より具合が悪そうだったら、
休診日だけど連れてきてくださいって言ってくださいました。

とにかく安静が必要らしく、
入院も考えたけど、アメリーがリラックスできるおうちを選択。
最初はアメリーだけサークルに入れて休ませようとしたのだけど
痛みがあるのかずっと緊張した様子で寝てくれなくて、

かわいそうだったのでソファーに上げてあげたら
3チビくっついてやっと寝てくれました。

IMAG0681.jpg

少々分離不安なとこがあるアメリー。
やっぱり誰かとくっついていないと落ち着かないみたいです。


実は昨日も朝から病院へ。

患者は琴(もうすぐ11歳)。

前日から元気がなく、丸1日半何も食べず、
お腹が痛い素ぶりだったのです。
しかも血が混じったゼリー状のウンチ。

元々、琴は偏食だったので
半日食べないなんてことはたまにあったのだけど、
さすがに心配で診てもらいました。

血液検査の結果は、どこも異常なし。

ということで、整腸剤を処方してもらって終了〜。
帰ったら途端に元気になってごはんモリモリ食べやがった。

IMAG0680.jpg

ま、元気になったからヨシ!


そんなこんなで、
今はアメリーが心配です。

ダックス=ヘルニアってくらい
ヘルニアになる子は多いらしいけど、

ランで走ることが大好きなアメリーが
またニコニコさんでお出掛けできるように
頑張りたいと思います。




プロフィール

ことはるあめこつぶ

Author:ことはるあめこつぶ
Mダックス
 →琴(2005年3月15日生)長女
   優等生、まったり犬
 →アメリー(2006年8月2日生)三女
   争いごとが大嫌い、運動大好き
チワワ
 →はる(年齢不詳)次女
   保護犬出身、家族愛が深い元ヤン
バーニーズ
 →こつぶ(2011年9月12日生)四女
   明るく陽気なお笑い担当

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR