FC2ブログ

こつぶの病気(診断編)


DSC_2438.jpg


待合室で仲良くなった10歳のゴールデンのアンディくん。

DSC_2443.jpg

すっごくいい子でかわいくて、すっかりファンになっちゃいました

アンディくんは、一番乗りで病院到着。
こつぶは4番目。

他に、ハスキーやトイプー、ダックス、チワワなど
たくさんの患者さんが陰山先生を頼って来ていたよ。

しばらく、アンディママさんとおしゃべりして待たせてもらいました

DSC_2448.jpg


こつぶが診察室に入ったのは、結局12時30分。
待つのは覚悟していたし、
それだけ先生が一人ひとりをちゃんと診てくれているのだから、
飼い主的には全然オッケーだったよ。

まずは、リハビリ専門の渡邉先生にこつぶの動画を見てもらいながら問診。

渡邉先生も、リハビリ界のすごい人なんだよ。
昔テレビで、
ヘルニアで歩けなくなったダックスのリハビリの様子をテレビで見て、
とっても感動して号泣したのを今でも覚えてます

↓こちら
未来シアター

こつぶの症状や普段の生活スタイル、運動量などを詳しくお話したあと、
一旦こつぶは奥の検査室へ。

2時間程かかるとのことで、
その間飼い主は病院近くのきしめん屋さんで一人ランチしてました。

DSC_2450.jpg

14時30分
名前を呼ばれ、ドキドキしながら診察室に入ると、
陰山先生と若い先生、そしてこつぶが尻尾を振って待っててくれました。

診察結果ですが
前脚をかばう原因は、首にありました。

陰山先生の見立ては、第5・第6頚椎間の狭小化によるヘルニアで現時点ではグレード1。

前脚のどこを触っても痛がらなかったこつぶだけど、
陰山先生が、5番6番の首元をピンポイントで押すと、
ヒーンッて泣いて嫌がったよ。

バーニーズの首の疾患というと、
どうしてもウォブラー症候群を疑ってしまうのだけど、
ウォブラーの場合はまず後肢に、
ヘルニアの場合は前肢に異変が起こるとのこと。
こつぶは、後脚はしっかり歩けているからヘルニアと見ていいそうです。

DSC_2452.jpg

今回、CTやMRIでの画像診断は行っていないのだけど、
なんと、こつぶの首元に埋まっているマイクロチップが
5番と6番のちょうど間にあるというマイクロ奇跡。

皮膚上なら、皮を引っ張って位置をずらしてMRI撮影できるけど、
筋肉に埋まっていればチップ除去手術も併せて行う必要があるみたい。
今回はMRIを撮らなくても、症状的にヘルニアでほぼ間違いないって。
こんな大きな体で、なぜにそこに埋まってるかなぁw
こつぶが宝くじ買えば、なんだか当たる気がするよ。

こつぶが、山を降りるのを嫌がるのも、まさに頚椎ヘルニアからくるものでした。
下りは、首にズシンズシンと体重がかかり、
それが前脚につながる神経を刺激していた模様。

立ち上がるときに泣いたのも、頚椎ヘルニアの症状そのものでした。

DSC_0285.jpg
▲起き上がるとき、こうやって首を持ち上げる姿勢が痛かったみたい
写真は3月4日のペンションにて。このときはまだ泣いて痛がるほどではなかったよ。

陰山先生がオヤツを使ってこつぶの首の動きを見るとき、
「こっちゃん、オヤツだよ〜、こっちゃん、はいこっち向いて〜、こっちゃんこっちゃん
って、ほんと優しくて、
だけど、先生の指摘が、
普段なんとなく見過ごしていたこつぶの癖や症状をズバリ言い当てていて、
すごく頼れる先生だなぁっていう抜群の安心感と、
やっと原因がわかった安堵感と、
知らない間に1年以上こつぶの症状に気づかず無理をさせていた後悔とで、
いろんな感情が入り混じって涙が出ました。

今後の治療については、
まずはセルシン2週間と、ノイロビタン1ヶ月を投与。
症状が悪くなったときように、ステロイドも予備でもらいました。
ただし、ステロイドは先生に電話で状況を説明して、そのときの判断でということ。

そして体重の減量。
現在37キロなのを、2キロダウンで35キロに。
くびれもあるし肋骨も触れて、全然太っているわけではないけど、
というかむしろ、痩せてるねとよく言われるけども、
首への負担を考えると、要ダイエットらしい。

一番辛いのは、安静にしてなきゃいけないこと。
お散歩は、トイレ出しと気晴らし程度のみ。
カラーをやめて、ハーネスにします。
本人、気持ちは元気そのものなだけに、
治療のためとはいえ、謹慎生活を送らせるのはとってもかわいそう・・・。

だけど、グレード3で即手術、グレード4や5になると呼吸困難で命に関わるので、
そうならないために、辛くても頑張るしかない!
特に、グレード1から3まで一気に進行するケースがあるとのことだし。
たしかに、アメリーの椎間板ヘルニアも、一気に症状が悪化したよね。
いくら仲良しコンビでも、ヘルニアまで一緒になることないのにね。


それと、先生は、バーニーズの6歳半という年齢を考慮して、
全身くまなく調べてくれました。
体のどこにも怪しい影はなく、
ガンの兆候は見られなかったとのこと。
血液検査に至っては、100点満点もらいました。
あんなに飼い主の食べ物を盗み食いしているのに、これもまた奇跡

こつぶがニコニコでまたみんなと遊べるように、
こつぶが穏やかに過ごせるように、
とりあえず1ヶ月間、引き籠もります。
どうか、良くなりますように・・・。


【番外編】
名古屋動物医療センターには
全国から多くの患者さんがやって来るので
待ち時間が長いのは有名なのだけど、
なんと、待合室にはコーヒーサーバーがあって飲み放題でしたwww

コーヒー飲んで、おトイレ行きたくなったら・・・
なんと、おトイレもわんこと一緒に行けるように
扉の前(手洗い場)にリードフックがありましたwww

一人で連れて行っても、ちゃんと大丈夫な設備になっていて驚いたー。
飼い主的に、超助かった






スポンサーサイト



こつぶの病気(症状編)

長文です。


以前から

ドッグランでお友だちと思いきり遊んでいるときや
山に登ったりトレッキングすると、

こつぶはよく前脚を痛そうにしていました。

特に雪山の場合は、登りはテンションアゲアゲ。
けど、下りは前脚をかばって嫌々って感じ・・・。
ドッグランも、最初はニッコニコでラン内を走りまくるのだけど、
後半疲れてくると前脚をかばう・・・。
毎回ではないのだけどね。

これまで2度、
心配なので病院に行って診てもらったけれど、
レントゲンでは骨や関節に異常なし。
血液検査も異常なし。
前脚のどこを触っても嫌がらず、痛がる様子もなし。
腫れや熱もなし。
食欲は超旺盛w
ただ前脚の様子がおかしいだけ。

翌日大人しくしていれば治まり
日常のお散歩も普通に走れるので、
う〜ん・・・おっちょこちょいだから捻ったかな?
しばらく様子を見ましょうかね?
程度に思っていました。
先生も、わたしも・・・。


2月下旬くらいから、
お散歩時、歩く様子は変わりないのだけど、
トロットだと右前脚をかばうように。
3月1日のシャンプーのとき、
トリマーさんもこつぶの脚に違和感を感じたようでした。

3月3日の山岳部雪山登山も、登りは普通だったけど、下りは前脚が痛そう。
翌日4日は、歩く様子は普通だけどトロットだとバランスが悪い。

それからしばらくは、
お散歩でトロットしないように気を付けてはいましたが、
それ以外は、普段の生活でおかしい様子はなく、
そのうちまた良くなるだろうと呑気に考えていました。

3月17日、大阪からお友だちのルキヤちゃんが遊びに来てくれて、
飼い主の拙いなんちゃって歴史解説を無理やり聞かせながら、
1時間程みんなでのんびり穏やかに楽しく一乗谷を散策して、

DSC_0320_201803251643325c9.jpg

DSC_0343.jpg

DSC_0347_20180325164327f68.jpg
▲クレオが石と同化してる


夕方は、お友だちのキッズと仲良くお散歩しました。

そのときの動画が、こちら




ね?前脚かばうでしょ?

だけど、触っても痛がらないし腫れもないし元気だし・・・。
ゆっくり歩く分には、ほんと普通に見えるのだけど・・・。

念のため、週明けに病院へ行こうと思っていた矢先、
3月18日、日曜日の夜、
買い物から帰った飼い主をいつものようにお出迎えしてくれたとき、
急に「キャーンッッッ!」って泣いたかと思ったら、ヒンヒン痛がって・・・。
だけど、やっぱり前脚のどこを触っても痛がったり嫌がったりしなくて。
ただ、立ち上がったり寝っ転がる瞬間に、ヒーンッって悲痛に泣くの。

普段、ごはんの準備中はおこぼれもらおうと飼い主の周りをまとわりつくのに、
ベッドからこっちを見ているだけで動こうとしない。
けど、フードはいつものようにソッコー完食したし、食欲がないわけではないのね。
もうね、わけわかんなかったよ。

夜中も、眠れないようで部屋をウロウロ。
落ち着かないから胃捻転を疑ったけど、お腹は張っていないからそうではなさそう。
飼い主も下にお布団を敷いて、
撫でながら「大丈夫大丈夫」ってしばらくなだめていると、
ようやく眠ってくれました。

3月19日、朝イチで病院へ。
なんとなく予想はしていたけれど、やはりレントゲンでは異常なし。
触診も異常なし。
最悪の骨肉腫ではなかったので、それはとっても安心したのだけど、
先生も痛みの原因を突き止めることができなかったため、
整形の専門医である陰山先生がいる名古屋動物医療センターを紹介してもらうことになりました。

名古屋へ行くまでの4日間は、
こつぶは痛みが引いたのか泣くこともなく、
ごはんの準備中のまとわり付きも復活。
お散歩を控えたこと以外、日常生活は支障なく送れました。

3月24日の土曜日、AM6時、名古屋へ向けて出発
時間予約は取れなくて、先着順の受付だから急がなきゃね

AM8時30分、無事到着

DSC_2451.jpg

DSC_2438.jpg


どうか、原因が分かりますように。
どうか、手術になりませんように。
不安の中、長〜い1日が始まりました。


つづく。






ライ&ホノと

すっごくすごく遡ること
3月5日

山岳部合宿の帰り道、
ライちゃんホノくんちに寄らせてもらったよー。

ライホノママの美味しい手料理ランチをいただきました

さき家_180325_0032
▲左からホノ、こつぶ、ライエ

食いしん坊こつぶ、一人だけご馳走をもらえると勘違いしておりますが


ホノとこつぶ、仲良く添い寝してかわいいのなんの
(少々のやらせ感はスルーしてくださいw)

さき家_180325_0003


ライとこつぶ。
こうして見るとこつぶが大きく見えるけど、
意外にその差は毛だったりする

さき家_180325_0009

バタバタと騒がしく台風のようにお邪魔してしまいましたが、
久しぶりにライホノ&ママに会えて嬉しかった〜

どうもありがとう

DSC_0294.jpg

超アクティブなライホノママ。
また山歩き、川遊び、行こうね〜



山岳部2日目

だいぶ日が経ってしまったけれど、つづきです

山岳部合宿
当初の2日目の行程は

AM4時45分集合
5時雪猫ちゃんに乗って山頂へ行き
みんなでご来光を見て

午前中アイスクライミング体験
午後から小布施観光
っていう流れ。

土日ともめちゃくちゃ晴れマークだったから、
きっとご来光日和だーなんつってPM9時には爆睡モードだった飼い主

がしかし
男子チームを襲ったアクシデントによりご来光と小布施観光は中止に

ということで、2日目の部活はアイスクライミングのみとなったよ。


朝散歩のこつぶ

DSC_0133.jpg

ご来光は残念だったけど、雪原に朝焼けが映えて綺麗だね

DSC_0135.jpg


アイスクライミングの会場は、こんなところ

晴れ続きでだいぶ解け始めていたけど、体験させてもらえたよ

DSCN1301.jpg


インストラクターの方が、ハーネスやアイゼンの装着を手伝ってくれます

DSC_0149.jpg

DSC_0152.jpg


最初、先生のお手本を見てから、
いよいよ順番に登ります

えいちゃん

S山先輩

S井先輩

S井先輩はシャワークライミングで滑落経験ありで
かなりの恐怖だったみたい

たまちゃん

やすこ

おがちゃん

やすことおがちゃんはセンスがよくて、上手だったなぁ

実は飼い主、高いところが超苦手で、
アイスクライミングは見学だけのつもりで来たのだけど・・・

いつの間にか受付でまさおに申し込まれてて
気付いたときには参加費も徴収されていたという

21584-1.jpg

DSC_0197.jpg

よろしければ、センスの欠片もない姿をどうぞ




もうね、怖くててっぺんまで登れませんでした
いや、正確には、登ることはできただろうけど、
降りることを考えたら怖くて怖くて

同じく、怖がってたまさお

まさお

けど、最後まで登りきった

アイスクライミング、なかなか貴重な体験をさせてもらえました。
自分だけでは選択肢にあがらないけど、
山岳部だからこその体験で、面白かったよ

山岳部の活動は、ここまで。

男子メンバーとはここでお別れして、
せっかくだからと後泊を予定していた飼い主とやすこは、
軽井沢へ足を伸ばすことにしたよ

DSC_0223.jpg

ブラブラとアウトレットでお買い物をしていたら、

「こつぶママ?」

って聞こえてビックリ

なんと、ダイさんファミリーと遭遇

DSC_0227.jpg

ビックリした〜
そしてめっちゃ嬉しい〜

ダイさんは軽井沢へ来るといつもアイスを食べるそうで

そんな美味しい食べ物を羨ましそう&不機嫌そうな目で見つめるこつぶ

DSC_0234.jpg

ダイさんママが、こつぶにもおすそ分けしてくれました

DSC_0239.jpg


ありがとうございます

偶然の出会いって、なんかテンション上がる〜
ダイさんルイちゃん、どうもありがとうね〜


3日目へ








こつぶも山岳部に入部しました

3月3日AM3:30
目的のお山へ向かって出発

ただし、今回は
飼い主が所属する職場の山岳部の企画による
バックカントリー&スノーシューツアー。

(ほとんど飲み会の参加部員と化していた飼い主だけどね

なんと、飼い主のお願いを聞いてもらえて
こつぶも準部員として一緒に参加させてもらったよ

DSC_0002.jpg


去年、ポーラ&ライホノと一緒に登ったお山
今回は素晴らしく快晴で暑いくらいだったよ

DSCN1188.jpg


目指すは後ろに見えるお山のてっぺん

DSC_0001_201803072235525f2.jpg


S山先輩とS井先輩、たまちゃんの3人は、
女子を待ちきれずお先に行っちゃったので

このメンバーで

DSC_0023.jpg


ワイワイ登ります

201833-5 菅平_180307_0147

DSC_0008_20180307223903181.jpg

DSCN1219.jpg


途中、まさおがゴボッて

DSC_0029_2018030722441786b.jpg

心配するこつぶ

DSC_0031_2018030722441836f.jpg


やすこジャンプ

DSCN1201.jpg

まさおもジャンプ

DSCN1214.jpg


飼い主は、無理
そんな体力、もったいなくて使えない

地道に登ります

201833-5 菅平_180307_0132


こんな小さな子どもたちが、
自分より大きいリュックとスキーを背負って
健気に登っている姿にマジ感動
そしてめっちゃかわいい

DSC_0070.jpg

泣きながらべそかきながらでも、頑張ってたね
未来のオリンピック選手かも


どんどん標高あがってきたよ

DSC_0037.jpg

スノーキャットの到着駅
201833-5 菅平_180307_0107

残念ながら、スノーモンスターは現れなかったけど

5025.jpg

201833-5 菅平_180307_0100

201833-5 菅平_180307_0099

DSC_0042_20180307225047b44.jpg


みんなで登頂できたから最高

DSC_0047.jpg
20180308105430f4a.jpg


めちゃめちゃ綺麗〜

DSC_0057.jpg

まさに、バーニーズマウンテンドッグ!って感じ

DSCN1253.jpg


なんと、ダックスちゃんも登頂していたよ

DSC_0060.jpg

この子はまだまだ若かったけど、
アメリーが元気だったらなぁって、
こつぶも飼い主も、ちょっと切なくなっちゃった・・・。


山頂でランチタイム

DSC_0050.jpg


お山で食べるカップラーメンは
なんであんなに旨いのかしら


休憩したら、さぁ下山するよ〜

スキー&スノボ組は気持ちよさそうに滑って行っちゃったので

飼い主とやすこはヒップソリで遊びながら下ったよ

DSC_0064.jpg

DSC_0086.jpg

DSCN1262.jpg

こつぶはすっかりやすこと意気投合

DSC_0106.jpg

DSC_0095.jpg


下で、男子チームと合流したので
ヒップソリ対決〜
(飼い主はすごくビビリなので、スピード系は無理)

DSCN1285.jpg



DSC_0118.jpg

あ〜笑った笑った


この日の活動記録は

Screenshot_20180307-221744.png

距離8.3キロ。
高低差690メートル。

頑張った頑張った

楽しかったね〜こつぶ

DSC_0122.jpg


▼Nぶちょーが撮った動画

https://youtu.be/yIwyfZe8nbA


たっぷり遊んだあとはお宿にチェックイン。

美味しい夜ごはんをお腹一杯食べて、
あったかいお風呂に入ったら
翌朝の御来光ツアーに備えて21時には大爆睡。
なんたって朝早いからね!


2日目へとつづく







ピッカピカになりました!

腰が痛くて、おうちでこつぶのシャンプーができない(したくない)飼い主

チビたちは余裕なんだけど、
こつぶはほぼ1日がかりの大仕事だからね

一度楽を覚えると、人間なかなか戻れない

というわけで、
今月もドッグパドルさんでシャンプーしてもらったよ〜


まずはおひげカット

S__88932366.jpg


次にあわあわこつぶ

S__88932374.jpg


そしてドライ

S__88932376.jpg

S__88932385.jpg


満足そうなお顔ですな

S__88932383.jpg


仕上げはひと月遅れの鬼ヶ島
赤オニさんがきたよー

S__88932388.jpg


最後に
看板ゴルと

S__88940550.jpg
▲左からすみれ、ことり、こつぶ

S__88965125.jpg
▲左からこつぶ、すみれ、ことり、あんな

やばい
鼻血でそうなくらいかわいい
やっぱ、こつぶって美バニやわぁ←自分で言うな
(耳ちっちゃいけど)


かわいく仕上げてくれて、どうもありがとうございました


とっても綺麗でふわふわでいい匂いになったことだし、
さっそくお出掛けしなきゃだね

というわけで、
週末はちょっくら雪山へ

S__88932403.jpg










プロフィール

ことはるあめこつぶ

Author:ことはるあめこつぶ
Mダックス
→琴(2005年3月15日生)長女
 優等生、まったり犬
→アメリー(2006年8月2日生)三女
 争いごとが大嫌い、運動大好き
チワワ
→はる(年齢不詳)次女
 保護犬出身、家族愛が深い元ヤン
 2018年7月10日推定13歳でお空へ
バーニーズ
→こつぶ(2011年9月12日生)四女
 明るく陽気なお笑い担当

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR